【前代未聞】原田諒がハラスメントで公演中に異動した?wiki経歴や評判を徹底調査!

原田諒-5
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

宝塚の演出家として様々な舞台を手掛けている原田諒さん。

そんな原田諒さんが公演中に部署を異動したと報道がありました。

今回はそんな原田諒さんの「公演中に異動した理由」「wiki経歴や評判」について調査をしてみました。

スポンサーリンク
目次

【前代未聞】原田諒がハラスメントで公演中に異動した?

原田諒-1

原田諒さんがセクハラをしたと報道されてしまいました

宝塚歌劇団に所属する演出家の原田諒氏(41)が、演出助手に対してセクハラ行為を行い、公演中に担当していた演出を外れ、親会社の阪急電鉄に異動していたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。

引用元:文春オンライン

このような報道がされました。

原田諒さんの経歴は素晴らしく演劇界では重要で様々な賞を獲得してきた、実力のある演出家です。

「宝塚の特徴は、劇団所属の演出家が作品を作ること。脚本を書き、団員へ演技指導し、作品の総指揮を執る、いわば“全権監督”のような存在です。配役や台詞も演出家の鶴の一声で変わることがある」(演劇記者)

引用元:文春オンライン

「Aさんは原田に『仕事のサポートをして』と頼まれ、入団前からプライベートで運転手などをしていました。すると深夜、ホテルまで送り届ける際の車内で突然、『今日泊まっていったら?』『泊まったら、君のことを犯してしまうと思う』などと言われたそうです。驚いたAさんがはぐらかすと、その翌朝、迎えにきたAさんに『裸で寝るの好きやねん、一緒に裸で寝よ』と再び言い寄ったといいます」

引用元:文春オンライン

全権監督といううことで、助手の方は嫌なことをされても断りづらい空気だったかもしれませんね。

そういった背景から11月中旬、2022年に入団した20代の演出助手Aさんが原田諒さんからセクハラを受けたと告白しました。

その後、事態を重く見た劇団は雪組公演中の12月9日付で、原田諒さんを宝塚の親会社である阪急電鉄に異動させたようです。

しかし、原田諒さんは今回のAさんへのセクハラの件については「事実無根」と話しております。

演劇公演中に演出家の人がそんなリスクのある事をするなんて考えられませんので、ほんとに無実かもしれませんね。

スポンサーリンク

原田諒のwiki経歴

原田諒-2

wikiプロフィール

まずはプロフィールです。

  • 名前: 原田 諒(はらだ りょう)
  • 生年月日:1981年(41歳)※2022年12月現在
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 学歴:同志社大学 法学部 法律学科

となっています。

学歴もなかなかすごいですね!

宝塚の演出を手掛けるならば、これくらいの学歴は必要なのかもしれませんね。

現在は41歳とのことですが、家庭を持っていてもおかしくない年齢です。

しかし、妻や子供がいるといった情報はなくもしかしたら独身の可能性があります。

スポンサーリンク

経歴

原田諒-3

続いて経歴を確認してみましょう!

経歴

  • 2003年、宝塚歌劇団入団。
  • 2006年、『暁のローマ』で新人公演の演出初担当。
  • 2010年、『Je Chante-終わりなき喝采-』で演出家デビュー。
  • 2012年、『華やかなりし日々』『ロバート・キャパ 魂の記録』で、第20回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞。
  • 2016年、第24回読売演劇大賞 優秀演出家賞・優秀作品賞・第43回菊田一夫演劇賞を受賞を受賞。
  • 2020年、第75回文化庁芸術祭賞 演劇部門優秀賞・新人賞を受賞。
  • 2021年、第28回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞。

となっています。

このように様々な賞を受賞している凄い方ですね!

これだけの賞を獲得し、業界内でも権威のある方がセクハラのようなリスクのある行動はとるとは思えません。

やはり事実無根というのは本当のことかもしれませんね!

もしも、本当にセクハラを起こしてしまったのであればしっかり反省をして、被害女性をいたわってほしいです。

スポンサーリンク

原田諒のネット上での評判は?

原田諒-4

このように演出家としての評価がとても高い意見が多かったです。

今回の事件が無実であればよいのですが・・・

スポンサーリンク

【前代未聞】原田諒がハラスメントで公演中に異動した?wiki経歴や評判を徹底調査!まとめ

以上となります。

とてもすごい演出家だったことがわかりましたね!

業界内で権威ある人なので今回の事件のようなことを起こすにはリスクが高いような気がします。

無実であればいいのですが、まだ詳細は分かっていません。

もしも本当に起こしてしまったのであれば、反省をして二度とこのようなことが起きないようにしてほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次